ついに開始する時という局面では、下調べをサボってはいけません。http://www.world-hit.com/henzutu_shihanyaku/

売買を始める前であればその物を落ち着いて観察する事のできる余裕がある。ピーシーマックス

しかし、一度相場の内部へ足を踏み入れるとどうしても受け取り方が主観的になってしまい状況によってはしっかりとした判断が出来なくなる不安があります。

だからこそ考え方が合理的な間に、きちっと事前準備をしておくことが大切です。

その”準備”とは、とにかく自分なりのシナリオを記す事から手をつけます。

今後のこの通貨は上がる(または下がる)から円を取引するというような、ストーリー展開を考えていきます。

その次は為替チャートを調べましょう。

今までのマーケットの上がり下がり確認して、現時点での値段を見ます。

そうすれば、「現時点ではひどく高すぎるレベルだ」「すでに多数の人々が仕かけているから、これから先自分がエントリーしても今となっては遅いな」ということが理解できます。

言うまでも無く今となっては取引するのが遅いと思ったならばエントリーしないで、その状況ではきっぱりと諦めることが肝心です。

どう工夫しても自分なりの台本を押し通そうとして強引に新しく注文すると、市場に押し返されて、損害を受けることになる危険性があります。

もっとも大体の状況で、準備が整った自らの台本を作っていると、売り(または買い)が間に合わないなということにはならないでしょう。

大方、具体的に外国為替相場が上下動する前の状況のはずです。

更に、とりあえず自らが売買しようと思っている通貨の変動をきちっと確かめる事が肝心。

仮にドル高が進むだろうという脚本を作ったのであればその外貨の動きに注目する事が大事です。

為替相場の上げ下げを注意を払い始めたときでは、まだまだドル円は大きく変動する兆候を見せず上がったり下がったりちょっとした上下動を繰り返しているだけでしょう。

しかし、その推移をじっくりと気をつけているとあるところで少しずつ円安へと変動し始めます。

このチャンスでやっと、ドル円の注文をします。

通常、準備さえしておけば、その売り買いで勝つ割合は結構高まるはずだ。