クレジットカード利用料の口座引き落とし遅延が頻発している》口座引き落としの踏み倒しをしていなくともクレカ請求の支払日において銀行残高が足りておらずカード利用料引き落としがされないということが起きてしまっている場合にはには、クレジットカードの発行会社のほうが『いつも債務超過と推測できる』というように想像してくることで没収という処理になってしまうケースもあります。80-6-113

手持ちは充分あるのにもかかわらずついうっかり振り替え不可となってしまった・・・なんていうことを続けられてもカードの会社の視点で見ると信頼できないというクレカ契約者という階級にされてしまう恐れがあるから、多額の借金をしているかそうでないかということにかかわらず強制没収させられるケースもあるため注意。80-16-113

忘れやすい人間に対する評価は言わずもがな良くはないのですから。80-20-113

さらに言えば、一度でもカード代金の振り替えが不可能となる事実が出ますとクレジットの有効期限まで使えても以降の継続契約がしてもらえないケースこともあるのです。80-15-113

そのくらい重要なことであると認識し、約定日は記憶するようにするべきであると思います。80-10-113

クレジット現金化を利用してしまう>クレカのキャッシング利用枠がいっぱいで、もうこれ以上どこからもキャッシュを借りられない際に、クレカキャッシュ化といったクレジットカードのショッピング額を現金に変える換金術などを使用してしまうと、そのことによりクレジットカードの強制没収という処理がされてしまう時が存在するのです。80-11-113

元はといえばカード発行会社というのは契約内容で換金目的のクレカでの買い物を禁止しているために、をキャッシュ化する利用=規約違反=強制失効となってしまっても不思議ではないのです。80-12-113

簡単に金欠だからといってキャッシュ化というものを使うと、リボ残高について一括払い請求などというものを受ける事例ですらあるようなので使わないようにしてほしいものです。80-13-113

80-14-11380-4-113