自動車重量税、通称重量税というものは国産メーカーの車とか外国の車という自動車の生産国やスポーツカー、クーペというような車のタイプに関係なくたとえばマツダやフォルクスワーゲン、などでも一般的に負担義務を課せられているものなんです。犬のしつけがQ&Aで分かる!

新車を登録する場合もしくは定期的にある車検のさいに支払う必要があるものになります。スチームクリーナー

この支払金額はその愛車の重さで決まっています。

「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は完全に別の税ですので、基礎となる税金を理解して混同しないようにしましょう。

「自動車重量税はクルマのウエートによって」「自動車税という税金は排気量で」その金額が変わります。

それで、買い取りの際の待遇も変わりますし注意しましょう。

中古車の買い取りの際には既に納めた車の重量税がどれだけ残っていてもその金額が還ってくるようなことはないですが、一方で自動車税の場合は既に納めた税額を買取額に足してくれるような事例がありますが重量税の時は足されるような事例はあまりないといえます。

重量税については、手放す際に既に納付した税額があると言っても自動車の業者にてそれが材料になる場合はほとんどないのです。

ですのでその次の支払い、要は次の車検まで待った上で買取っていただくという方法がベストです。

自動車の売却時は考慮されない重量税ですが例外的な事例では返ってくることもあるのです。

というのは次の車検までの期間が残存しているクルマを廃車にしてしまう場合です。

要するに、廃車申請をした場合、残存期間に従って重量税が返金されます。

ですが、自動車買い取りの場合はその自動車が廃車になるのとは異なり返金されません。

そして売却する自動車の名義を変更してしまったケースや盗難にあったケースなども返金してもらうことは不可能です。

自動車重量税が残っている車を売却するということは車検の効力が残っている車ということになります。

そういったことを業者も忖度しますから、自動車重量税が残存していれば、そこそこ買取額があがると思います。

勿論、買取金額は店によりまちまちなのですが、車検期間がまだある事実が考慮されれば売却する車の買取金額と比較するとそれほど払い損と考えることもありません。