筋肉は体の様々なところにあり、体を動かすために欠かせないものです。骨に沿うように存在し、収縮する事で動かしたり強い力を発生させます。 筋肉は色々分類がありますが、大きく分けると速筋(白筋)と遅筋(赤筋)に分けられます。速筋は素早く収縮する筋肉で、早い動きをするスポーツや瞬間的に大きな力を必要とするスポーツに必要です。収縮するときに酸素をあまり必要としない為無酸素運動が可能になります。体内にある糖をエネルギーにして動くことが出来ます。 遅筋は持久力を必要とする運動に向く筋肉で、収縮時に多くの酸素が必要になります。有酸素運動に必要な筋肉で、運動するには体内の糖の他に脂肪を燃焼させて動きます。その為ダイエットをする時にこの筋肉があると効果が高まります。 脂肪と同じ質量だと筋肉の方が重いのですが、見た目は引き締まるためスタイルは良くなります。また、脂肪を燃焼させる事で余計な肉がつかなくなる等、健康に過ごすためには程よい筋肉がある事が重要です。