携帯電話にカメラ機能が付くようになってから、写真を撮ることが多くなりました。 昔は写真を撮るというのは、非日常的な時でしか機会はありませんでした。 入学式や卒業式、家族でお出かけをするときぐらいにしか、カメラは登場しませんでした。 カメラを撮るにもまずフィルムから用意しないといけませんし、また写真としてプリントするにも、フィルムを使いきらないと出すこともできません。 それに比べると、デジタルカメラが登場したことで写真が身近なものになり、携帯電話にカメラ機能が付くことで更に身近なものになりました。 デジタルカメラはいつも持っているものではありませんが、携帯電話は常に持って出かけます。 いつもの景色のなかでも、四季の移り変わりを感じれば、簡単に撮ることができます。 また、かわいい雑貨やおいしい食べ物を見つけたときも写真に撮って、友だちに教えてあげることもできるようになりました。 より身近になったカメラで日常を残していけば、日記代わりの思い出になると思うのです。