よくあるはじめたばかりの人向けのFX投資の雑誌では、「差損が生じた場合はナンピンをすることで全体の買い付け価格を低くする事が出来る」等述べられているが現実的にはこれにはかなりの隠れたリスクが待ち受けています。デオシブEX

はじめに、ナンピン買いの仕組みについてごく簡単に述べておきます。チアベリースリム

例として1ドル=100円でドルを買ったとします。まんぷくスリム

$(ドル)買いだから、ドル高に動くほど儲けが出るわけですが95円まで円高・ドル安に振れてしまったとします。ソイスリム

この場合持ち続けたとしたら、利益がでるためには、円高になった分円安が進まなければならない。サンプルファン

投資家であれば、マイナスは早く回復したいと思うでしょう。千年酵素

それを解決するため最初にエントリーしたのと同額分のドルを、エントリーします。ペッツデポタウン

それで、ポジションの買い付け価格は97円50銭まで引き下げることができます。ラポマインサプリメント

その結果、半分の幅で円安ドル高が進めば損を失くせます。藍の青汁

こういったことがナンピンの原理です。

ナンピン買いの手法を耳にすると「まちがいない」という考えになるが為替相場はそう簡単に思うようにはいきません。

元々、1ドル95円が下値だということなど、想像できません。

もし、マーケットがかなりのドル安傾向だとすれば1ドル=95円ではとまらずより一層円高ドル安になるリスクはあります。

一例として、97.50円でナンピン買いをしたとしても、95円まで円高が進んだら、ナンピンをした分についても、差損が生まれます。

こういう状態では初めに取引したドルと同時に、ダブルでマイナスが生じる事になります。

この例のように、ナンピン買いは一筋縄でいきません。

であるなら、為替相場が自分の筋書きとは反対にどんどん向ってしまった場合どんな手法で危機の確率を軽減すればいいのでしょうか。

そこで選択する対策は2つあります。

ひとつめは覚悟を決めてポジションを閉じる事です。

ふたつめはその段階で、自分自身が所有しているポジションを縮小することによって、市場が元のようになるのを大人しく待つことだ。

だいぶ主体性のない術だと思う投資家もいるkもしれません。

しかしながら、自分が所有している買いポジションにマイナスが生まれた時、一番有効な手段はこれよりいいものはないです。

なるほど、理論としてはナンピンをしてみる手段もあるように思える。

しかしナンピンは、自分が損失を披っている状態で、ポジションを無くすどころか、反対に買いポジションを積み増していく方法である。

この対策では、危機を管理することなどとても可能ではないと思ったほうがいいです。

ナンピンを続けられればいつかはマイナスがプラスになるかもしれません。

しかし、それより先に投資資金が無くなってしまいます。