料理上手の定義とはいったいなんでしょうか。アヒルの詰め物のなんちゃら、みたいな料理を作れる人のことでしょうか。人によってイメージはさまざかと思いますが、多くの人が賛成するであろう要素としては、「冷蔵庫にある残り物でさくっと1,2品作れてしまう人」があるかと思います。 これ、実際にやってみるとなると、ひと通りのレシピが頭の中にストックされていないとできないのでやっぱりそれなりの難易度なんですね。ひと通りのレシピというのも揚げ物、煮物、炒め物などの料理方法から、エスニック風、中華風など、幅広い地域の料理の特徴を織り交ぜられたりなどすると、目先が変わって楽しめます。 なので、やっぱり好き嫌いがあってはいけませんね。。好奇心が旺盛で、食べることが大好き!!という人でないと、「この残った鶏肉と人参で●×△が作れるかも・・・」なんて考えないと思いますし。世の中にはそもそも食べることにたいして関心がない、という人もいるので、そういう人には期待してはいけません。