30年前と比べて、日本人の平均バストサイズは大きくなっているということをご存じでしょうか。

30年前はAカップの女性が多かったのですが、今はCカップの女性が一番多いのです。

これは一体なぜなのでしょうか。

考えられるのは、栄養がしっかり取れるようになったこと、また食の欧米化が進んだことです。

なぜ食の欧米化が進むと胸が大きくなるのでしょうか。

正確なところはまだわかっていはいませんが、肉食の生活が胸を大きくするのではないかと言われています。

肉にはタンパク質と脂質が豊富に含まれているため、脂肪で出来ている胸は大きくなりやすいのです。

またバストアップには睡眠が深く関係しているといわれています。

実は都道府県の中で一番バストサイズが小さいのは埼玉県なのですが、これにはとある理由があるとされています。

埼玉県の学生は都内まで通学することが多く、そのため早い時間に起きます。

そうなると睡眠時間が短くなってしまうため、胸の発育が妨げられてしまうのではないか、と考えられているのです。