一般的に任意保険とは強制保険の自賠責保険とは異なり自賠責保険では補うことが難しい補償をしてもらえる保険です。https://www.shikaku-king.com/kind/koumuin-shiken/

これは任意保険という保険は自賠責保険の上乗せということで役に立つものですので自賠責保険でまかなえる限度額を超えた時に働きます。ピシマ

それに自賠責保険の中では物に対する損害については保証されていないので対物損害をカバーするためには任意保険に加入しておく必要があります。

現段階で任意保険を支払っている自動車を処分する場合は、国産メーカーの車もしくはイタリア車などことは例外なく、残っているお金が還付されます。

これは国産メーカーの車の売却の際も例外ではありません。

自動車損害賠償責任保険通常かけたままにしておくのが常識になっていますが任意保険は皆が加入する保険ではありませんからキャンセルということになります。

さらに、中途解約をすれば、今現在 支払い済みの残金が返ってくることになります。

愛車の売買が決まったと言ってもすぐさま任意保険の契約をキャンセルするというのはリスクがあります。

当然すぐさま契約解除してしまえばその分返ってくる額は増加しますが車店が離れた場所にあり自分で運んで行くような場合には保険なしで運転をするはめになります。

リスクに備えて絶対に今後自ら車の運転をすることはない状況になる時まで契約の解約の手続きはすることのないようにする必要があります。

車を買い取ってもらって、即他のクルマを買うのならば問題ないのですがもしも長い間運転をしないような状況が続いて保険に加入している必要がなくなってしまったらこのように任意保険に入っていない時間が存在すると、以前入っていた時の保険の等級が下がってしまい、保険料が上がってしまいます。

このような時であれば「中断証明書」を出してもらうようにすることが必要です。

この「中断証明書」があれば、最長で10年は契約解除前の任意保険の等級を継続することができます。

さらに、13ヶ月以内でしたら発行することが可能ですので仮に既に中古車を手放していて、「中断証明書」というものを発行していない状況でしたら、その保険会社やその代理店にそのことを伝えたほうがいいと思います。

もしも自分が新しく自動車を買うことになって、買ったのちに前に持っていた車を廃車してもらうのならば任意保険の加入はどちらか一方のみの契約です。

任意保険の更新という処理になるので乗らなければなれない車の場合、買取までには注意が必要です。

さらに任意保険は車種次第で価格がだいぶ違ってくるので、愛車買取のさいは任意保険そのものをチェックしてみる好機なのです。