長引く腰痛に、最近年を感じ始めました。セゾンカード

若いころから姿勢が悪く、将来腰にくるということは常々わかっていたのですが、実際それが現実のものになると考えていた以上に辛く感じます。

昔は腰痛に苦しむ祖父の痛みにピンとこなかったのですが、今ならそれが少しわかるような気がしています。

ついに先日サポーターを購入し、腰に装着し始めました。

サポーターというものは長くつけすぎると逆に筋肉を衰えさせ、老化を進めてしまうときいていたのでこれまで我慢していたのですが、それも限界に達したというわけです。

サポーターをつけすぎると筋肉が仕事をしなくなる、というだけあって、サポーターの効果は絶大でした。

重苦しかった腰の痛みが小さくなり、体が軽くなったことを感じます。

力強く支えてくれる何かの存在が、常に隣にあるようでした。

今後は経過を見守りながら、サポーターをつけたり外したりということをしていきたいと思います。

根本的に腰痛を解消するためには、やはり別の手段が必要なようなので、それを考えてみたいです。