喘息と言えば、突発的な激しい咳や呼吸困難、肺の痛みなど苦しい症状を多数引き起こす厄介な病気の1つですよね。http://www.hok-shaho-hsp.jp/

そんな喘息には、実はいろいろな種類があることをご存知だったでしょうか? 種類ごとに原因や特徴が異なりますので、知識として押さえておきましょう。

・アトピー型喘息 アレルギーの原因となるダニや花粉、ダストなどを体内に過剰に含んでしまった際に発生する喘息で、比較的短時間で発生し短時間で収まります。

原因となるアレルギー物質を可能な限り抑制することで発作を予防することもできます。

・非アトピー型喘息 アレルギー物質を原因としない喘息です。

原因が特定できない喘息であるため、対処が難しく厄介と言えます。

・アスピリン喘息 アスピリン等の鎮痛剤を服用することで誘発される喘息です。

症状が極めて重いことが特徴で、場合によっては意識不明や死亡に至るケースもあります。

市販の医薬品から生じることも多いため、症状が現れたら必ず医療機関の受診をする必要があります。