PCの画面の前でつねに上下している市場を見てしまうと、すぐに注文をしたくなるという思いに追い立てられる事も多かったりします。ヴィトックス効果なし!効果的な飲み方とは?!

だけど、ぼんやりした勘でトレードすることは絶対に避けてほしい。セミントラ

ご覧の通り、市場は四六時中、いかなる時でもいずれかのマーケットはオープンしているし、マーケットもいかなる時でも上がったり下がったりします。ヒートスリム42℃ 売ってる場所・最安値は?

しかしながら、闇雲に取引をするとその回数だけ損失が生じる確率が高くなってしまいます。プレミアムブラントゥースが解約出来ない?定期コースの解約方法とは?

確かにエントリーの数を重ねることによって、次第に儲けられる確率が50%、50%になるのは事実です。アスロングの最安値販売店は?アマゾンか楽天、ドラッグストアどれがいい?

けれどもその事実は「明確でないインスピレーションで注文」とは別の話です。http://xn--p8j8aycw93wybmc50b.net/

トレード回数を積むという意味は「ここがチャンス」と感じた勝算を持った状況でのエントリー回数を積み重ねるという事を意味します。

格段の理由がなく、ひっきりなしに取引をするのとは異なります。

相場の駆け引きに立ち向かうためには自ら意識的にけじめをつけることこそが重要です。

「ここは勝てる」と思い至った相場の時には覚悟を決めて所持ポジションを買い増して思い切り利益を求めます。

「だいぶ分かりにくい為替相場でどう上げ下げするのかわからないな」と思い至った時は観念して持っているポジションをひとつ残らずクローズして黙っています。

このくらいのけじめをつけた方が最終的にトレードは儲けられます。

外国為替市場の金言には「休むも相場」というものがある。

実にその通りだと思います。

外国為替相場とは、何も常に売買ポジションを所持する事が重要ではなく何も保有せずじっと見ていることも、取引です。

では、どの場面で、休むべきなのでしょうか。

ひとつめは、前述の通り、現在の相場展開が明確に分からない時です。

ここから円高になるのか、それとも円安になるのかが明確でない時は、ヘタに動くと、自分で書いた筋書きとは反対の方向に為替相場が変動してしまい損失を被ることになる。

だから、こんなケースではポジションを閉じそのまま黙ってみているだけがいいでしょう。

もうひとつは、自分の体調がよくない時です。

体の調子と市場に関係性はないと感じる投資家もいるでしょうがかなり影響を与えます。

体の調子があまりよくなければ、マーケットのミスできない局面で、冷静な決断を下すことが出来ない場合があります。

気分が乗らない時は、取引から距離を置くことも大事な事です。